動画制作・映像制作会社なら株式会社VIDWEB(ビッドウェブ)
動画マーケティング

【事例あり】B to Bの動画制作・動画マーケティング。B to Cとの違いも解説します

【事例あり】B to Bの動画制作・動画マーケティング。B to Cとの違いも解説します
Pocket

動画マーケティングは、一般消費者を対象にビジネスを展開する「B to C」企業だけでなく、企業をクライアントとする「B to B」企業のマーケティング手法としても効果的に活用されています。B to B 企業にはB to B ならではの動画マーケティングのポイントがあり、B to C企業の手法をそのまま模倣しても、想定する成果を上げることは難しいことがあります。

では、B to B企業はどのような動画を制作すれば良いのでしょうか。
ここでは、B to BとB to Cの動画制作・動画マーケティングの違いについてご紹介します。


B to B企業の特徴とB to Cとの違い

そもそも「B to B」とはどういう意味でしょうか?知っているようで意外と知らないB to B、B to CそしてB to G、C to Cの言葉の定義からおさらいしましょう。

B to Bとは

B to Bとは「Business to Business」の略称であり、企業間での商取引のことを指します。「B2B」とも表記します。メーカー、問屋、小売店、商社など、企業をクライアントとする法人営業はほぼすべてB to Bです。
扱う製品やサービスは完成品のほかに、素材や部品も多く、一般消費者相手のビジネスと違って単価も高額になるため、クライアントの導入時の意思決定には多くの人が参加します。事前調査、競合調査、価格交渉、納期の調整、社内の役員の承認作業などさまざまな過程を経て初めて導入に至るため、衝動買いされるケースはまず考えられません。

B to Cとは

B to Cとは「Business to Consumer」の略称で、企業と一般消費者との間で交わされる商取引を指します。例えば、ファストフード店やコンビニはB to Cに当たります。「B2C」とも表記します。
消費者一人一人に営業を行うわけにはいかないB to Cの過去のマーケティング手法は、テレビCMや新聞・雑誌などの広告を主体としたマスマーケティングが主流でした。近年はWeb上での動画マーケティングを活用する企業が急増しています。B to CのテレビCMや動画は、ユニークなものや共感、感動するもの、オシャレなもの、納得感を高めるもの、一種の危機感をあおるものなど内容は幅広く、視聴した消費者の衝動買いを誘うこともあります。

B to G、C to Cとは

B to Gとは「Business to Government」の略称で、企業と政府・自治体との商取引を指します。「B2G」とも表記します。例えば、公共事業で道路や空港を造る際に行われる政府・自治体、官公庁などと建設会社との受発注はB to Gに当たります。
一方、C to Cは「Consumer to Consumer」の略称で、消費者同士の商取引を指します。「C2C」とも表記します。C to Cの代表例として、近年はネットオークションやフリマアプリなどが盛んになっています。

B to B企業がマーケティング動画を制作するときのポイント

B to C企業と比較して取り組みが遅れていたB to B企業の動画マーケティングですが、近年は営業戦略のひとつとして欠かせないものになっています。そこで、B to B企業がマーケティング動画を制作する際のポイントをご説明します。

時間よりも特徴や使用方法のわかりやすさ

製品やサービスの特徴、使い方をわかりやすく解説することが大切です。B to Cの場合は、ブランディング目的のイメージ動画や、消費者に社名や商品名を覚えてもらうために耳目を引くことを主な目的としたユニークで奇抜な動画も多数見られます。一方、B to Bのクライアントが求めているのはイメージではなく、分厚い説明書を読まなくても動画さえ見れば、すぐに理解できるというわかりやすさです。

ただ、わかりやすく解説しようとすると、動画の尺が長くなってしまう可能性があります。B to Cの動画の尺は5、6秒から長くても2分くらいが一般的ですが、B to B動画の場合は10分以上に及ぶことも珍しくありません。一貫してわかりやすい構成になっていれば、多少長くなってもクライアント満足度が低下するということはないでしょう。

クオリティの高さ

B to C動画の多くは、スマートフォンなどで視聴しやすいことを想定して制作されています。一方、高額な製品やサービスを導入するのに、クライアントが動画をスマホで視聴するというケースはあまり考えられず、PCもしくは会議室や展示会での大画面で視聴されることがほとんどです。そのため、外部ディスプレイやプロジェクターを通した大きな画面でも耐えうるクオリティの高さが求められます。

明確な導入効果

クライアントの担当者が気に入ればすぐに商取引が成立するわけではなく、取引が成立するまでには製品やサービスの調査、競合との比較、価格や納期の交渉、社内稟議にかけての承認作業といったさまざまな社内ステップが必要です。そのため、競合との競争に打ち勝ち、自社の製品やサービスを導入してもらうためには、「導入するとクライアントはどんなメリットが得られるのか」「競合より優れている点は何か」を動画で明確に示すことがポイントになります。

活用事例の紹介

自社の製品やサービスをすでに導入しているクライアントの生の声を動画に入れることも大切です。扱う製品やサービスは高額なものが多いだけに、導入を検討している企業は決断が慎重になります。セールストークでいくら効果やメリットを説明しても、「本当だろうか?」「デメリットはないのだろうか?」などと不安要素が生じてきて、その払拭にはなかなか至らないケースがあります。

その壁を乗り越える武器となるのが「実績」です。自社の製品やサービスを導入した結果、どのようなメリットが得られ、どれくらいの業務効率化や売り上げアップに貢献したのかといった点について、導入しているクライアントの担当者をインタビューし、動画に盛り込みましょう。同様の課題解決を実現した企業のインタビューであれば説得力が増します。

B to B企業の主な動画事例

最後に、B to B企業の動画事例を見ていきましょう。いずれも自社製品やサービスの特徴、導入によるメリットをわかりやすく伝えています。

住友電気工業株式会社様 TYPE 72C+ | 製品紹介動画


住友電気工業株式会社様、融着機の新製品、「TYPE-72C+」の製品紹介動画です。
新製品の新しい技術特性をわかりやすく伝えるために、テロップモーションで機能を表示し、実映像で内容を表現しています。
テロップモーションを活用した、スタイリッシュなトーン&マナーが製品の魅力をより引き出している事例です。

株式会社朋栄様 FA 9600 ENG | 製品紹介動画


株式会社朋栄様、マルチパーパスシグナルプロセッサー「FA-9600」の製品紹介動画です。
海外での拡販を目的として、制作いたしました。製品の特徴がスタイリッシュなデザインでまとめられているのが特徴的です。

Arithmer様 海外ネットワーク紹介 | サービス紹介動画


高度数学を応用して、新しいAI・IT技術を創造している、Arithmer株式会社の海外ネットワーク紹介動画です。
グローバルに広がるAI Smart Robot Networkを表現するために、各都市の素材と、グラフィックを組み合わせて制作されています。
BGMやサウンドエフェクトについても、ダイナミックに広がる当社のビジネスフィールドを直感的に感じられる選曲となっています。

動画の利用シーンは、国内外のセミナーや招待講演、当社の技術に興味を持っている企業との商談時に使用することを想定しています。
実写素材にグラフィックやサウンドエフェクトを加えることで、視聴する人が、Arithmer株式会社に対して、よりワクワク感を感じられる動画に仕上がっています。

ワークポート様 | 採用動画


株式会社ワークポート様の採用動画です。人材紹介サービスという「人」を扱う当社ならではの魅力がわかりやすく伝わる内容です。映像表現は、複数名のインタビュー素材に、人/オフィスのインサート素材を織り交ぜることで、イキイキと働く社員や活発な社内の様子がよく伝わってきます。視聴ターゲットが学生という事もあり、学生が見たときに、参考となるようなコメント、映像構成に仕上がっています。

ネクストスケープ様 Holojector | サービス紹介動画


本動画はイベントやWEBでのサービス説明、営業時における活用を目的とした動画です。

Holojector は Microsoft HoloLens で簡単に3Dモデルを表示できるアプリケーションです。
Microsoft HoloLensで対応したマーカーを見るだけで、3Dモデルを表示することができ、マーカーはWebで3Dモデルをアップロードした際に簡単に作成することが可能です。

本動画の制作では、実際にサービスを利用するシーンを視聴者が想起できるように制作しています。HoloLensのできることが視覚的に伝わる内容に仕上がっております。
ストーリー性を持たせ、MRという一見説明しづらい製品特性や優位性をより分かりやすく表現しました。編集は、スタイリッシュなデザインでまとめ上げ、本製品導入後のメリットを直感的に理解できる内容に仕上がっています。

まとめ

B to B企業で効果的な動画を制作すれば、分厚いパワーポイントの資料やパンフレットの代わりに自社の製品やサービスを紹介する効果的なツールとなり、商談がスムーズに進みやすいだけでなく、コンバージョンに至る工程の効率化やコスト削減が実現できるでしょう。効果的な結果を生むB to B動画マーケティングを貴社もぜひ活用してみてください。

Pocket

動画制作のサービス資料をダウンロードする

VIDWEB(ビッドウェブ)では映像クリエイターと連携してリーズナブルで高品質な動画制作を提供しています。

サービス資料

株式会社VIDWEBの動画制作、動画マーケティングに関して分かりやすく説明した資料になります

動画・映像クリエイター募集!
登録フォームはこちら
関連記事

PAGE TOP