動画制作・映像制作会社なら株式会社VIDWEB(ビッドウェブ)
動画マーケティング

YouTubeの収益化に必要な条件とは?広告収入以外で収益を最大化させる手法も紹介

VIDWEBコラム編集部 VIDWEBコラム編集部
公開日:2022年2月24日 / 最終更新日:2022年2月24日
YouTubeの収益化に必要な条件とは?広告収入以外で収益を最大化させる手法も紹介
Pocket

YouTubeは条件さえクリアすれば、誰でも収益化できるSNSです。今、YouTubeチャンネルを運用することで、個人・法人を問わず多くの人がビジネスを成り立たせています。

YouTubeで収益を得る方法は、動画による広告収入だけではありません。知名度のあるYouTuberユーチューバー)は、複数の収入源を組み合わせることで大きな利益を得ています。

この記事では、YouTubeを収益化するまでの流れを説明するとともに、収益を最大化させる8つの手法について解説します。

YouTubeを収益化するには最初に何をすればいい?

YouTubeチャンネルを開設して、動画をアップロードしただけでは収益は得られません。

では、どのような手続きをすれば、YouTubeを収益化できるのでしょうか。

YouTubeパートナープログラムに参加する

YouTubeを収益化するにはYouTubeパートナープログラムへの参加が必要です。

YouTubeパートナープログラムとは、クリエイターや企業がYouTubeに投稿した動画を収益化できるプログラムのことです。

審査を通過するための条件をクリアすれば、広告収入や動画を収益化させるのに必要な機能が使えるようになります。

YouTubeパートナープログラムの審査条件

YouTubeパートナープログラムには審査基準が定められており、この基準をクリアすれば収益化できます。

収益化に必要な条件の中で、特に重要なのは以下の4つです。

  1. 18歳以上
  2. 直近12カ月の総再生時間が4,000時間以上
  3. チャンネル登録者数が1,000人以上
  4. コミュニティガイドラインの遵守

※2021年6月1日にYouTubeの利用規約が更新され、これに伴い「YouTubeの収益化に関する権利」の項目も一部変更されています。

それぞれの条件について詳しく解説していきます。

18歳以上

YouTubeを収益化できる年齢の条件は18歳以上です。

なぜ年齢制限が設けられているのかというと、18歳にならないと取得できないGoogle AdSenseのアカウント(以下:AdSenseアカウント)とYouTubeアカウントを紐づける必要があるからです。

では、18歳未満の子どもは収益化できないのかというと、そうではありません。

日本では、13歳以上になるとYouTubeのアカウントを開設できます。この場合、18歳以上の保護者が所有する承認済みのAdSenseアカウントを利用することで収益化できます。

しかし、AdSenseアカウントの譲渡は原則として認められておらず、18歳を超えても支払先は保護者のままであることに注意が必要です。また、YouTubeでの収入は課税対象となるため、副業禁止などの就業規則違反や、扶養を外れることによる納税額の増加などにも注意が必要です。

直近12カ月の総再生時間が4,000時間以上

YouTubeを収益化するには、直近12カ月の総再生時間が4,000時間以上である必要があります。

4,000時間は日数に直すと約167日であり、一見途方もない時間のように思えます。しかし、4,000時間は分に直すと240,000分であり、5分の動画なら48,000回再生、2分の動画なら120,000回再生を目指せばよいわけです。

12カ月をフルに使うなら、2分の動画を1カ月で10,000回再生させれば条件をクリアできます。

チャンネル登録者数が1,000人以上

チャンネルの登録者数が1,000人以上いないと、YouTubeは収益化できません。

再生数を稼ぐよりも、チャンネル登録者数を1,000人に到達させる条件の方がハードルは高くなります。

なぜなら、視聴者が動画を見たあとに、もう一度見たいと思わせる工夫がなければ多くの人にチャンネル登録してもらうのは難しいからです。

以前はチャンネル登録者数を不正に販売している業者も存在していましたが、YouTubeはこうした水増しを問題視して対策を強化しています。取引が発覚した場合、厳しいペナルティを受けることになります。

コミュニティガイドラインの遵守

コミュニティガイドラインとは、YouTube内での行動を定めた「交通ルール」のようなものです。YouTubeから違反警告を受けている状態だと、収益化の申請はできません。

コミュニティガイドラインの違反には次のようなものがあります。

  • 視聴回数、高評価数、チャンネル登録者数の水増し
  • 性的なテーマや暴力、わいせつなテーマなど
  • 嫌がらせやネットいじめ、ヘイトスピーチ 
  • 選挙の誤った情報 、医学的に誤った情報
  • 違反するコンテンツに誘導するリンク

これらは動画だけでなく、コメントやリンク、サムネイルなどにも適用されます。違反すると警告やペナルティが課せられ、悪質な場合はアカウントを停止・削除されてしまいます。

ちなみに、2021年7月〜2021年9月の2カ月間で削除されたチャンネルの総数は4,806,042件です。削除理由はスパム、誤解を招くメタデータ、詐欺が90%以上を占めています。

YouTubeの収益化に必要な条件をクリアするには?

総再生時間4,000時間、登録者数1,000人という条件をクリアしない限り、収益化のスタートラインには立てません。

ここでは、視聴回数とチャンネル登録者数を獲得するために、最低限やるべきことを紹介します。

視聴者層を正しく把握する

再生回数やチャンネル登録者数を増やすには、自身のチャンネルがターゲットとする視聴者層を正しく把握する必要があります。

すでに動画を投稿しているなら、誰でも無料で利用できるYouTubeアナリティクスやYouTube Studio(アプリ)を活用して、視聴者の年齢・性別・地域・アクセスしている時間帯などをチェックしてみましょう。

「視聴者が何を求めているのか」「視聴者に刺さるコンテンツは何なのか」を考えることで、チャンネルに不足しているコンテンツを補い、視聴者のニーズを満たした動画を制作できます。

SEOを意識したコンテンツを作成

SEO対策はホームページやブログに限らず、YouTube動画にも必要です。GoogleやYouTubeで検索したとき、自身のチャンネルが上位表示されればアクセスは増えていきます。

動画制作に着手する前に「視聴者のニーズ」「チャンネルのセールスポイント」「検索されやすい言葉」などからキーワードを選定しましょう。

例えば、「YouTubeを収益化させる方法」といった内容の動画を作成するなら、キーワードは「YouTube 収益化 方法」です。

キーワードが決まったら、各項目とキーワードをリンクさせていきます。

項目ポイント(キーワードの使い方)
タイトルキーワードを入れて動画の内容が一目でわかるようにする。Google検索の推奨する32文字以内が目安。
動画のファイル名キーワードが「YouTube 収益化 条件」の場合なら、YouTube_shuekika_joken.mp4やYouTube_shuekika_joken.mov など。
サムネイルキーワードを目立つ位置に配置して、動画のジャンルに合った画像と装飾を施す。
説明文最初の3行に動画の概要を書き、キーワードを3〜4個入れる。関連した動画のリンクを3〜5件入れる。
タグ関連するキーワードから厳選して、10個前後作成する。

SEOで上位表示を狙う具体的な方法については、以下のページで詳しく説明しています。

限定的でニッチな市場を狙うのもあり

他のYouTuberが参入していない、限定的でニッチな市場を狙えば、特定の視聴者層を獲得できる可能性があります。

とはいえ、キーワードがニッチすぎるとユーザーがいなくなってしまうため、一定数検索されているキーワードを狙います。

Social BladeやGoogleトレンドなどのツールを使って、同じジャンルのYouTuberを分析することも大切です。

YouTube動画のクオリティを上げる

YouTube動画のクオリティを上げるため、動画の編集方法を見直します。

動画編集は、撮影した動画をカットして、流れに沿って並べ替える単純な作業です。しかし、次のような編集を加えることで、ワンランク上の動画を公開できます。

  • テロップのフォントを装飾する
  • トランジションで動きを出す
  • 使うBGMを絞ってチャンネルに統一性を持たせる
  • OP(オープニング)とED(エンディング)を作成する

このほか、YouTubeには動画を生配信する「YouTube Live」があります。ライブ配信なので編集作業は発生しませんが、企画や台本の制作、専用の設備等を用意することでクオリティをアップできます。

クオリティを追求するなら、動画制作サービスを活用するのもひとつの方法です。YouTubeライブ配信を始める手順・必要な機材については、以下のサイトで詳しく説明しています。

YouTubeを収益化する申請手順

収益化に必要な条件をクリアしている前提で、収益化の手続きについて解説します。

収益受け取りを有効化する

収益受け取りを有効化する

YouTube Studioのダッシュ―ボードから、メニューバーにある「収益受け取り」を選択して「参加条件を満たしたら通知する」をクリックしてください。YouTubeアカウントに登録してあるメールアドレスにメールが届きます。

受信したメールのリンクからYouTubeパートナープログラムの利用規約を確認し、利用規約に同意します。

Adsenseアカウントを紐づける

次に、AdSenseアカウントを紐づけます。1つの受取人名義に対して、作成できるAdSenseアカウントは1つに制限されています。既存アカウントを所持している場合は、既存アカウントを使いましょう。

アカウントを新規作成する場合は、登録した住所に後日PINコードが送付されます。フォームにPINコードを入力して本人確認が完了します。

YouTubeアカウントにAdSenseアカウントが紐づくと、収益化の審査が開始されます。Googleヘルプによれば、審査は数日で終了するものの、2〜4週間かかる場合もあると記載されています。

審査が完了すると、これまでに投稿したコンテンツに$(ドル)マークが表示されます。

YouTubeの収益を最大化させる手法8つとそれぞれの条件

トップYouTuberは、複数の手法を組み合わせて収益化しています。

ここでは、YouTubeを収益化する8つの手法と、収益化するのに必要な条件について解説します。

1.広告収入

広告収入は、動画内で広告が再生されたり、広告をクリックされたりすることで収益が発生します。収益は広告主が支払う広告掲載料から発生し、YouTubeと動画投稿者で報酬を分配するシステムになっています。

例えば、YouTubeには次のような広告の種類があります。

広告の種類収益発生条件
インストリーム広告視聴者が広告をクリックするか、30秒以上視聴した場合のみ。
ディスカバリー広告広告をクリックして広告主のサイトを訪問。
バンパー広告1,000回表示されるとその都度。

広告の正式な単価は公開されておらず、動画のジャンルや登録者数、平均再生時間等によって変わってくるようです。

広告による収益化条件は、YouTubeパートナープログラムの参加要件と同じです。

2.チャンネルメンバーシップ

チャンネルメンバーシップとは、チャンネル登録者が月額料金を支払うことで、動画配信者を支援するシステムのことです。

月額料金は90〜6,000円の間で設定でき、490円以上に設定すると、会員メンバーに限定動画・ステッカー(スタンプ)・壁紙などの特典を付与できます。ちなみに、売上に対する配分比率は「動画配信者:YouTube=7:3」が目安です。

月額の固定収入は魅力的ですが、有料会員の獲得は至難の業です。多くの人に会員になってもらうために、お金を払ってでも見たいと思わせるコンテンツを作成する必要があります。

チャンネルメンバーシップの収益化条件は以下の通りです。

  • チャンネルにコミュニティタブがある。
  • チャンネルが子ども向けとして設定されていない。
  • メンバーシップ対象外の動画が一定数を超えてない。

3.グッズ紹介

グッズ紹介とは、YouTubeに用意されたグッズ紹介機能のことです。YouTubeのチャンネルページから、オリジナル商品を販売できます。

商品を実際に試している様子や、開発エピソードなどを動画で伝えられるため、ECストアの画像やテキストよりも強いインパクトを与えられます。グッズ紹介セクションに、最大12個のアイテムを表示でき、並べ替えも可能です。

グッズ紹介の収益化条件は以下の通りです。

  • チャンネル登録者が 1万人以上もしくは音楽チャンネルである。
  • チャンネルが子ども向けとして設定されていない。
  • ヘイトスピーチに関する違反警告を受けていない。

4.Super Chat (スーパーチャット)

スーパーチャット(通称:スパチャ)とは、ライブ配信中に視聴者からコメントと投げ銭(支援金)を受け付けられるシステムのことです。

視聴者はコメントと一緒に100円から最大50,000円まで投げ銭でき、金額に応じてコメントの表示時間が延長されます。動画配信者は、視聴者の支払った金額の7割程度を報酬として受け取れます。

スーパーチャットによる収益化条件は、YouTubeパートナープログラムの参加要件と同じです。

5.Super Stickers (スーパーステッカーズ)

スーパーステッカーズとは、ライブ配信中に視聴者がステッカー(スタンプ)を購入して、配信画面上に一定の時間表示させられるシステムのことです。

動きのあるアニメーションスタンプもあるため、スーパーチャットよりも目に留まります。ただし、コメントは入力できません。

視聴者は200円から最大5,000円のステッカーを購入し、金額に応じてステッカーの表示時間が延長されます。スーパーチャットと同じく、視聴者が支払った金額の約7割程度を報酬として受け取れます。

スーパーステッカーズによる収益化条件は、YouTubeパートナープログラムの参加要件と同じです。

6.YouTube Premium

YouTubeプレミアムとは、月額1,180円のサブスクリプションサービスのことです。

視聴者は有料会員になることで、広告の非表示やオフライン再生、バックグラウンド再生などが利用できるようになります。

YouTubeプレミアムの会員ユーザーが自身の動画を視聴した場合、視聴時間に応じた報酬が支払われます。

YouTubeプレミアムによる収益化条件は、YouTubeパートナープログラムの参加要件と同じです。

7.PR案件

PR案件とは、企業から依頼を受けて商品やサービスをPRする手法のことです。企業から依頼を受けるには、YouTuberとしての知名度や実績が必要です。

企業の支払い方法には以下のようなパターンがあります。

  • 登録者数に単価(1~1.5円程度が一般的)をかけた額
  • 過去30日間の平均再生回数に単価(2~10円程度が一般的)をかけた額
  • 商品・サービスの提供のみ

PR案件による収益化条件は、クライアント企業と締結する契約書によります。

8.YouTubeショートファンド

YouTubeショートファンドとは、ショート動画を投稿したクリエイターに分配される1億ドルの基金のことです。

ショート動画は最大60秒までの縦型動画のことで、広告は表示されません。そのため、視聴回数やエンゲージメント、成長率などによって100ドル〜1万ドルの範囲で分配金を受け取れます。

報酬について詳細は公表されていませんが、通常の動画に比べると、収益力は低いようです。

なお、YouTubeショートファンドの対象となるのに、YouTubeパートナープログラムへの参加は不要です。以下の条件を満たせば、収益化できる可能性があります。

  • 過去180日間に対象となるショート動画を少なくとも1本投稿している。
  • サードパーティのソーシャルメディアプラットフォームの透かしやロゴを含む動画は対象外。
  • オリジナルではない動画、他のクリエイターのチャンネルから再アップロードされた動画は対象外。

まずはYouTubeパートナープログラムの条件クリアを優先

自身のチャンネルを収益化するには、YouTubeパートナープログラムの条件クリアが最優先です。

現段階で条件をクリアできていないなら、早いタイミングでSEO対策や動画のクオリティアップに着手する必要があります。ただ、動画制作や運用のノウハウがないと、登録者数1,000人を達成するのは難しいかもしれません。

株式会社VIDWEBは、YouTubeを含む幅広いジャンルの動画活用を支援する会社です。YouTubeチャンネルの無料診断もありますので、お気軽にご相談ください。

Pocket

動画制作のサービス資料をダウンロードする

VIDWEB(ビッドウェブ)では映像クリエイターと連携してリーズナブルで高品質な動画制作を提供しています。

サービス資料

株式会社VIDWEBの動画制作、動画マーケティングに関して分かりやすく説明した資料になります

動画・映像クリエイター募集!
登録フォームはこちら
関連記事

PAGE TOP