「株式会社ソシオネクスト様」お客様の声インタビュー

VIDWEBはスピーディーな納品と想定を超えた提案が魅力

「8K Live Solution」のプロモーション動画をVIDWEBで制作させていただきました。
今回は「8K Live Solution」に最適な8Kストリーミングエンコーダや8Kメディアプレーヤを開発・販売している株式会社ソシオネクスト様(以下SNI様)にお話をお伺いしました。
※記載している内容はインタビュー時(2020年10月)の情報となるので、情報が古くなっている可能性がございます。
    悩み・課題
  • 技術的な説明が難しい製品を、わかりやすく伝えたい。
  • 海外市場(特に中国)での販売促進に役立てたい。
    効果・結果
  • アニメーション動画により、視聴者が、製品の特性を短い時間で理解することができた。
  • スマホライクな中国企業の担当者にも、端的に製品の強みを伝えることができた。

今回の動画で紹介した「8K Live Solution」のサービス概要について教えてください。

SNI様 : 8K Live Solutionは8K 60fpsの非常になめらかな映像をインターネット経由で送受信できるサービスです。一般的に8Kの圧縮されていない映像というのは非常にデータ量が大きいので、映像コンテンツのコピーや配信が容易ではないのです。

この製品は、ソシオネクストの映像圧縮・伸長技術で8K映像を約1/500のサイズに圧縮してインターネットを介して送信し、8Kメディアプレーヤで直ぐに伸長して表示できます。

Liveで送受信が可能なので、映像をリアルタイムに圧縮して元に戻して表示できる一気通貫の技術で、イベントのライブ配信やパブリックビューイングやサイネージ用途に最適なソリューションです。

今回、口頭や紙面だけの説明ではお客様に伝わりにくいものなので、イメージを把握しやすくなるようVIDEWEB社に動画の制作を依頼しました。

動画を導入する前はどのように販売の促進や営業活動を行っていらっしゃいましたか?

SNI様 : 主に展示会を通じて販売促進や営業活動を行うことが多かったですね。展示会場の中で実際に8Kの映像を送信したり、展示会場を受信機側にしてソシオネクストの本社・新横浜ソリューションラボに設置した8Kカムコーダーで撮影している8K60fps映像を、リアルタイムで配信して展示会場の8Kモニターに映像を映したりというようなデモンストレーションを実施していました。

その他に、私たちは各種デモンストレーションの様子を撮影した写真や動画クリップをパワーポイントに貼りつけて、来場者の方に見ていただくということもやっていましたね。

今回製作した動画を実際に活用されていて、何か効果や変わったことなどありますか?

SNI様 : 訴求点や私たちの伝えたいメッセージも織り交ぜながら、コンパクトに動画にまとめていただけたので、さまざまな営業シーンで活用しやすくなりました。8Kに関する技術は、特に日本と中国の企業の関心が強いのですが、SNSが普及した今日では、スマホで見られるものに落とし込まないとなかなか広まりません。

早速、中国のSNSを用いて動画を拡散できるようになり、現地の営業部門を通じて新しいお客様とのコンタクトができたり、お問い合わせをいただいたりしています。

今回VIDWEBにご依頼いただいた決め手は何でしょうか?

SNI様 : VIDWEB社が一番身近に感じた制作会社だったからですね。何度かサービス紹介のメールをいただきましたし、ホームページを通じて制作事例の案内もしていただきました。ひと通り制作実績などを拝見し、当社が求めるプロモーションビデオのコンセプトに合致したものが多数あったことも決め手となっています。
もちろん、VIDWEB社のほかにも映像制作会社との付き合いは数社ありましたが、メールを通して一番身近に感じていたVIDWEB社にご依頼しました。

池田(インタビューア):コロナ禍で動画制作に関するやりとりもリモートで行いましたが、何か不安な点はなかったですか?

SNI様 :全てのやりとりがオンラインというのは私たちも初めての取り組みでした。

正直なところ、フルリモートでのプロジェクトの経験が無かったので「こんなものかな」と新鮮な思いでやらせていただきましたね。

もちろん今の状況下ではオンラインで完結するのは致し方ないと思った反面、チャットで連絡をとったり、必要に応じてWeb会議をやったり、「オンラインでもできるじゃないか」と気づきにもなりましたね。フルオンラインでやりとりをして、「今後にもつながる経験ができたな」と感じております。

動画の中身についてこだわった点を教えてください。どんなターゲットに、どんな点を伝えたいと思っていましたか?

SNI様 :特に伝えたいと思っていたのは「8K配信することの価値と難しさ」です。8Kの映像は圧縮しなければ配信することが難しいのですが、普段から映像を転送するようなことをされていない方にとっては、リアルタイムで8K映像を配信することの価値と難しさがなかなかイメージできません。

「何が難しいの?」「何でこんなに高いの?」と思われてしまうのです。

現在、放送局以外で8K映像のリアルタイム配信を可能とする技術を提供することは容易ではなく「高度な8Kエンコーダ・8Kデコーダ技術を必要とする」ことを分かりやすく伝えられる動画にしたかったですね。

実際に製作した動画は伝えたい点をしっかり盛り込んだ内容になっていましたか?

SNI様 : しっかり盛り込んでいただけてありがたいですね。特に中国を中心に制作いただいたプロモーションビデオを活用させていただいています。

動画の長さもコンパクトにしていただいているので、スマホを使ってSNSで動画をどんどん拡散していくようなスタイルに合っていると思います。あまり長いと中身を見てもよくわからないと思われてしまいそうですしね。

アニメーションを使ってわかりやすくなっているのも非常に効果的だと思っています。

8Kリアルタイムエンコーダ/8Kメディアプレーヤは、安価な商品では無いので、直ぐに拡売に繋がるという効果は表れていませんが、今後、じりじりと効果が出てくるものと確信しています。

購入されるお客様はどのような企業様が多いのですか?

SNI様 : 展示会場やイベントなどをプロモートするような企業様が多いですね。最近では商業施設や建物のショールームをデザインするような企業様もあります。

やはり、8Kというのは先進的なイメージがありますし綺麗ですから、展示場やショールームに導入したいと言ってくださいます。

他には、8Kテレビを製造販売されているメーカー様とのお取引も増えています。

動画を導入してみて何か結果や期待していた効果、予想外の効果は生まれましたか?

SNI様 : 全世界に拡がりを続けるコロナ禍において、これまでのビジネス形態に大きな変革を求められ、私たちのB to Bビジネスのみならず対面でお客様と接する機会も激減していることは言うまでもありません。

しかしながら、展示場の運営や大規模施設の建設、イベントの開催などが徐々に再開されつつあり、アフターコロナを見据えたライブビューイングやイベント運用が求められています。

私たちもなかなか今現地に行ける状況ではないので、あまり多く説明せずとも前線のスタッフが営業を行えるような扱いやすい資料ができてありがたいです。

中国現地の営業が使いやすい営業資料ができたので、喜んでいますね。

今後他の商材やサービスに関して動画を活用して何かやってみたいというお考えはありますか?

SNI様 :今後、対象となる技術や商材は異なるものになるかも知れませんが、今回のようなボリュームの動画を宣伝材料として制作し、プロモーションするのはやはりいいなと思いましたね。

弊社全体としてはカスタムして販売する半導体のような商材が多いので、動画制作に適した商品があるかと聞かれると難しいです。

でも8Kのような新しいマーケットに切り込んでいくときには、スマホで見られる動画を用意することで「こんなものあるんですよ」「こんな商品どうですか」と認知度の上昇や営業効果が狙えて有効だと思いましたね。

制作から納品させていただくまで弊社に対する印象はいかがでしたか?

SNI様 : 非常にスピーディーに作っていただいたという印象ですね。私は動画に関して詳しくないので、ある程度お伝えしたら要望をくみ取って、想定以上のご提案をしていただけたのがありがたかったです。

今回ご対応いただいたクリエイターの方が、原稿やシナリオに関して、かなり踏み込んでご意見をいただけたことがよかったですね。意見を交換しながらその都度修正していって、とてもクリエイティブな活動ができたと感じております。

また、ナレーターの方に原稿をお送りした際に、「こういった表現の方がいいのでは?」とご提案していただいたのが助かりました。今回英語での動画制作だったので、私どもでネイティブの方にチェックはしてもらっていたのですが、ナレーションだけでなく踏み込んでお仕事していただけたということがよかったと感じております。

最近B to Bの製造業でも動画を活用される機会が増えていて、検討しているお客様がいらっしゃいます。「動画の活用を検討しているが、迷っている」という方に向けて、メッセージをいただけますか?

SNI様 :動画を活用すると、2つメリットがありますね。

1つ目は伝えたいメッセージをパッケージにしておけるので、 売り込みに変な行き違いが発生しにくくなることだと思います。

私たちの扱っている商材は技術的には複雑ではあるものの、大切なのは「使っていただいた方がどのような価値を得るか」ということです。今回なら「8Kを使った綺麗な映像を手にすることができる」という価値ですよね。

でも技術者が技術としてアピールしたいポイントと合わせて伝えるとうまくいかなかったり、営業は売り込むのが得意でも技術の知識は伴わなかったり、行き違いが発生してしまいます。

2つ目はグローバルな販促ができることですね。製造業は国内だけではもう厳しいです。外国に進出するために、外国語テロップを入れれば多言語に対応できるようになります。

株式会社ソシオネクスト
SoC(System-on-Chip)の設計・開発および販売を事業とするグローバル企業です。コンシューマ、オートモーティブおよびインダストリアル分野における世界トップレベルの技術を核に、今日のさまざまなアプリケーションの進化を支えます。
https://www.socionext.com/jp/


動画制作をお考えの方
ご相談は
何度でも
無料です!

動画制作をお考えの方

よくいただくお問い合わせ

動画・映像制作のお問い合わせ / 動画で見込み客獲得 / 企業のブランディング / 動画を使った人材採用 / BtoBマーケティング / ライブ配信・ウェビナー

動画マーケティングに関することなら何でもご相談ください!

03-6403-5410全国対応 (平日9:00 – 19:00)

PAGE TOP