動画だからこそ可能になること

動画だからこそ可能になること

「写真などの静止画とテキストによる訴求だけでは商品のイメージが出来ない。」
「立体物としての形状や質感が商品に欠かせない重要な要素であることは間違いないのに、静止画などの写真ではそれを文字通り一面的にしか伝えることができません。」

これらの課題を一気に解決するのが、映像、動画による訴えかけです。その商品を映像中の人物が実際に使用している様子を撮影することによって、その商品のサイズ感や使用感を一目瞭然でユーザーに伝えます。まさに百聞は一見に如かず。

女性の手にも馴染むコンパクトさが売りの商品である場合、その小ささを動画表現する場合、単に商品を女性の手に持たせるだけでは、ありません。
例えば、テーブルや台などの上に置いた商品をじっくり回りこんで撮影することで、その商品の立体的な形状と高級感を同時に訴えかけることもできるのです。 使用方法が複雑な商品の場合であっても、そのプロセスを逐一映像で追うことでこれ以上ない分かりやすい説明となるのは言うまでもありません。

動画で商品の性能やデザイン、商品にまつわる気分を伝える

静止画で、その商品を見つめる登場人物の表情。これは静止画などの写真ではわざとらしくなってしまいがちな要素です。しかし、動画であれば映像の連続性の中で極めて自然に盛り込むことができます。商品を使用する登場人物の笑顔や瞳の輝きから、ユーザーはその商品に込められたこだわりや性能の高さを言葉に表さなくとも感じ取ることができます。

BGMも、情緒の部分を盛り上げる仕掛けのひとつ。BGMによって、その商品からユーザーが受け取ってほしい気分にリードすることも不可能ではありません。

そう、動画は、提供者が伝えたい、訴えかけたい商品の性能やデザインを充分に伝え、その商品にまつわる気分を伝えるという両方を極めて自然にカバーする不可欠な表現手段なのです。

表現手法例

表現手法例

アニメーションやCG

商品の特性や訴えかけたいポイントによって、実写撮影以外の様々な表現方法も選択肢も可能となります。

清涼飲料水は、商品本体は液体であるため映像的な差別化が難しい商品です。例えばVIDWEBでは、パッケージデザインに描かれたキャラクターがアニメーションで動き出すなど、その商品の特性に合わせた説明、演出プランをご提案させて頂きます。

逆に内部の仕組み自体が訴求ポイントとなる精密機器のような商品の場合、内部構造を3DCGで再現し、実写撮影では不可能な部分にまで踏み込むなど、動画による表現の可能性は無限です。

VIDWEBだからできること

VIDWEBだからできること

VIDWEBは日本国内を含む全世界で動画制作、映像制作のプロフェッショナルと提携しています。これは日本中、世界中のどこにクライアント会社様のオフィスがあっても、その近くで活躍している映像クリエイターが商品紹介動画を撮影、制作できることを意味しています。交通費、宿泊費などを徹底的に圧縮したリーズナブルな価格、ご予算で、御社の動画を制作することが可能です。

また、上記でご紹介したような様々な表現方法に関しても、それぞれの方法を得意とするバラエティー豊かなクリエイター陣が御社をお待ちしています。私達VIDWEBは、どんな商品であっても、どこにいるクライアント会社様であっても、ハイクオリティーな商品紹介動画をワンストップで制作できるプロダクション会社なのです。