ドローンの市場の現状

インプレス社の『ドローンビジネス調査報告書2019』によると、”2018 年度の日本国内のドローンビジネスの市場規模は 931 億円と推測され、2017 年度の 503 億円から 428 億円増加しています(前年比 85%増)。2019 年度には前年比 56%増の 1450 億円に拡大し、2024 年度には 5073億円(2018 年度の約 5.4 倍)に達すると見込まれます。”と発表されています。

”国内のドローンに関する飛行申請状況から傾向を分析すると、改正航空法が施行されてからの1年間で(平成27年12月10日から平成28年12月9日まで)に、国土交通省は、12,300件の申請(事前相談を含む)を受け、10,120件の許可・承認を行っています。(中略)目的別に許可承認状況をみてみると、空撮での申請が多いのがわかります。(引用:ドローンビジネス調査報告書2017)” この様にドローンによる空撮は、今後も増加していくことが容易に想像することができます。

ドローンを使った動画を制作する魅力・メリット

ドローンによる動画制作のメリットは、低価格で迫力ある撮影が可能なことです。

●空撮のコストが安い

これまで、空撮はヘリコプターや小型飛行機からカメラで撮影する方法が一般的でした。この場合、燃料代や操縦士・カメラマンなどの人件費が加算されるため、料金は10万円くらいから、場所と撮影時間によっては20万円以上かかる場合もあります。一方のドローンも条件によって異なるものの、空撮だけであれば2万〜10万円ほどです。

●インパクトのある映像が撮れる

ドローンは無人の上、小型なので、人間が撮影に行くことができない危険な場所での撮影も難なく実現可能です。そのため、非日常的でスケールの大きなシーンをカメラに収めることができます。例えば、火山の噴火口、ジャングルに棲息する野生動物の撮影などでドローンが力を発揮します。

ドローン(DJI Photom)でプロが撮影した大自然の火山と氷の世界

オペラハウス内をドローンの視点で撮影した映像

ドローン撮影のマーケティングへの活用

ドローンで撮影した動画は、さまざまな形でマーケティングにも活用されています。

●企業や地域のPR動画

ドローンの映像は、私たちの視野から見える光景とは別の角度で映像を撮影することができるので、ダイナミックで非日常的なインパクトを視聴者に与えることが可能です。そのため、さまざまな業界・地域の広告、プロモーションとしてドローンの空撮動画が活用され始めています。例えば、不動産物件を上空から、または天井や階段の上から撮影して紹介すると、内覧だけでは見えない部分を顧客に確認してもらうことができます。ほかにも、アクロバティックなスポーツの迫力を伝える際にも使われます。

●AIを搭載して情報収集

マーケティングの情報収集にもドローンは役立ちます。例えば、ある店舗に入っていく顧客をAI顔認識機能を搭載したドローンで撮影することで、動画に映った人の顔から顧客の数、性別、年代、さらにはどんな交通手段を使い、どの道を通って来店しているのかという地理的な要素までの情報を収集することが可能になります。従来の手法によるアンケートや街頭調査と比べると大幅なコストダウンになります。

ドローン空撮のポイント

ドローンで動画をうまく撮影するには、いくつかのポイントがあります。

●撮影する環境

●カメラワークとアングル

空撮は最初から一発でうまくいくとは限りません。実際に空撮をしてみなければどのような映像が撮影できるのかわからないことも多い為、事前にロケハン飛行を行います。撮影対象と並行に移動して撮影するべきか、上空から撮影すべきか、アングルを確認しつつ飛行ルートを前もって決めてから本番撮影に挑みます。

●カメラではなく機体全体を操作

ドローンのカメラは角度を変えると映像がブレることがあります。撮影中はカメラの角度を固定したまま撮影し、ドローンの機体を動かして撮影角度を変えます。

ドローンが動画マーケティングに与える計り知れない可能性

ニュースなどでは危険性がクローズアップされがちなドローンですが、民間利用は大きく進歩しています。例えば、宅配便への活用や災害調査などがその代表例です。ドローンに高性能カメラやAIを取り付けることで、これまで考えられなかった場所に入り、ドローンならではのアングルで撮影したインパクトのある映像やデータをプロモーションやマーケティングに活用することができます。

見る人を惹き付ける絶景ポイントばかりがドローン空撮を使った映像ではありません。自社工場や社屋をドローンで空撮した映像を会社紹介に活用することや、自社商品の全体像や現場での使用状況を分かりやすく見せるためにドローン映像を活用した商品プロモーションビデオ等、ドローンを活用した映像は動画マーケティングの可能性を広げてくれます。

今後はドローンの導入が動画マーケティングの世界でさらに浸透します。従来の平面的なものでは顧客やクライアントは満足してくれず、立体的な映像が当たり前のように求められるようになるでしょう。

VIDWEBだからできること

VIDWEBは日本国内を含む全世界で動画制作、映像制作のプロフェッショナルと提携しています。高いスキルを持つドローンオペレーターやクリエイターとも多く提携している為、高品質且つリーズナブルな価格、ご予算で、御社の動画を制作することが可能です。
VIDWEBだからできること