テキストと静止画による採用情報の課題

テキストと静止画による採用情報の課題

企業が本当に欲しいと思う人材とのミスマッチ

これまでの求人サイトや求人誌に掲載されている採用、求人情報はテキストと静止画によって紹介されているものがほとんどです。求職者はたくさんの求人情報を見て、求職者が選択した企業に応募しますが、全ての企業の全てのテキスト情報が読み込まれ、さらにしっかりと企業情報、サービス情報、商品情報を把握、理解しているわけではありません。

テキストである時点で全ての企業からのアピール内容は同じようなものになってしまっているのが現状です。これでは企業が本当に欲しいと思う人材とのミスマッチが高くなる可能性があります。効率的かつ効果的に企業の情報、そこで実際に働く人々の印象、温度感、サービスをわかりやすく短時間に伝えるには動画が最適です。

動画だからこそ可能になること

動画だからこそ可能になること

動画の構成台本からサポートします。

動画を制作する際には必ず綿密な構成案を作成する必要があります。この構成台本はVIDWEBがクライアントをサポートし、企画会議を経た上でしっかりとしたものを作成します。この事前準備を充分に行って出来た構成台本をベースに制作を進めので、出来上がった動画は求職者に非常にわかりやすく、貴社が訴求したい内容を端的にしっかり伝えることが可能になります。

貴社が提供する動画での情報の場合、しっかりと情報を伝えることができ、求職者が「こんな会社で働きたい!」を感じてもらうことも可能です。

表現手法例

実写:インタビューやドキュメンタリータッチのインパクトのある表現も可能

株式会社ワークポート様 採用動画

実写によるスタッフ、マネージャー、そしてトップインタビュースタイルは求職者に伝えるメッセージを温度感とともにしっかりと伝えることを可能とします。もちろん撮影ロケは会社内や会社近くで行われるケースが多いため、動画を通して、求職者どんな職場環境なのかを理解することを容易にします。これはテキストや静止画だけの表現よりはるかに多くの情報を簡単に理解することが可能となります。

また、インタビュー形式以外にも、テレビのドラマのような構成にすることや、同じくテレビのニュースのようなスタイル、ドキュメンタリースタイルで求人動画を制作することで、より求職者にインパクトのある動画に仕上げることも動画だからこそできる表現手法です。

実写+アニメーション・インフォグラフィック:高度な総合情報を表現

実写+アニメーション・インフォグラフィック:高度な総合情報を表現

アニメーション、インフォグラフィック、コンピューターグラフィックを活用した動画は、わかりづらいサービスや商品を、とてもわかりやすく紹介することを可能とします。求職者は実写によるインタビュー動画で実際にその会社で働いている様々な人々から、社員の温度感や会社の雰囲気を理解することができます。これだけでも静止画とテキストによる表現よりはるかに有効ですが、実写のインタビュー動画に加え、アニメーション、インフォグラフィック、コンピューターグラフィック等を使って、売上の推移、社員数の推移、創業から現在までの会社の歴史や、サービスや商品の説明を完結にわかりやすく組み合わせることができます。

この様な総合的な情報により、求職者の理解はさらに高まり、さらに「こんな会社で働きたい」「こんな商品、サービスを扱ってみたい」と感じてもらうことが可能です。