撮影・編集等含む動画制作・映像制作の費用や価格相場
動画制作・映像制作サービスはVIDWEB

Price & Creation

動画の制作を依頼したい、ウェブサイトに商品紹介動画を掲載したい、展示会でビックスクリーンに動画を投影することで来場者を惹きつけたい、人材募集目的で当社の良さをもっと学生や応募者に伝えたい等々、多くのニーズはあるものの実際に発注するとなるとどうすれば良いのか分からない。

自社のイメージを具現化し、効果的な動画を作るには何をどのように依頼したら良いか知りたい。動画制作にかかる費用、見積もりや納期が知りたい。VIDWEBは、そんなご担当者様の動画制作に関する疑問にお答えします。

料金・価格

動画制作の費用や料金は、制作したいと考える動画作品の企画内容や撮影の規模、スタジオの要否、使用する機材、関わる人、スタッフの数、編集内容や編集時間等などによって変わります。ただ、何をやりたいかよりも先に予算が決まっていることが多いのが現実です。動画撮影に関わる流れや要素の基本的なところが分かれば、イメージしやすくなります。

価格が変動する要因

価格が変動する要因

  • キャスティング
    有名人であっても有名人で無くても、キャスティングした人件費はそのまま制作費に反映されます。
  • ロケ場所
    ロケ会場のレンタル費などにより制作費が変わります。
  • CGやアニメの制作
    凝ったCGやアニメの制作をする場合、その品質や制作時間に比例して制作費に反映されます。

料金別の動画制作事例


企画・提案内容

動画を制作依頼する際に苦労するのが最終的に納品もらう際のイメージの共有ではないでしょうか。依頼する制作会社に対してもそうですが、社内であってもイメージを共有するは難しいものです。そこでVIDWEBでは、ご担当者様がすぐに社内でプレゼンテーションできる提案書をご用意することも可能です。

価格が変動する要因

社内で受け入れられる動画制作提案書とは!?

  • 資料の精度が高い
  • 必要な情報がある
    目的、メインターゲット、配信メディアなどが明確に示されている。
  • 必要なデータがある
    動画のテーマ、コンテンツの根拠が示されている。
  • 分かりやすい
    動画のイメージを共有することができる絵コンテで示されている。
  • 目的に合わせた幅のある提案
    動画の制作目的は決まっていたとしても、予算やターゲットそして訴求ポイントなどにより動画の作り方や表現方法は複数あります。一つの固定概念にこだわらず、それぞれの状況(条件)にあわせた提案書は最終意思決定者がベストな提案を選択する助けになります。

納期・制作期間(例)

動画制作を実施するにあたり、どの工程がどの程度時間がかかるのか、また、どんな要因が制作期間(納期)にどのように影響を与えるのかは、経験が無いとなかなか想定つきにくいものです。

動画制作には、撮影と編集工程だけではなく、企画のすり合わせならびに動画修正等の工程も含まれます。ご参考までに以下例として記載します。

開始からの期間:1ヶ月目

項目期間担当
ヒアリング1日ご担当者様、VIDWEB
企画立案7日VIDWEB
企画打ち合わせ1日ご担当者様、VIDWEB
企画再提案7日ご担当者様、VIDWEB
撮影(ロケ)7日VIDWEB

開始からの期間:2ヶ月目

項目期間担当
編集7〜14日VIDWEB
ドラフト動画評価1日ご担当者様、VIDWEB
動画修正1回目7〜14日VIDWEB
ドラフト動画評価2回目1日ご担当者様、VIDWEB

開始からの期間:2.5ヶ月程度

項目期間担当
動画修正2回目7〜14日VIDWEB
納品1日VIDWEB

制作期間が変動する要因

  • キャストに外部の人を使う場合
    オーディションを行う場合は、募集からオーディション審査までの時間が追加されます。
  • イメージやコンセプトが不明瞭な場合
    実はこれは良くあることです。出来上がってきた動画が依頼したものと違うと作り直しということがあります。これは制作開始時にイメージやコンセプトが共有出来ていなかったり、途中で方向性が変わることで発生します。この場合、修正のために制作期間が変動することがあります。
  • 御社内の承認に時間がかかってしまう場合
    企画内容の承認、ナレーターの声質の承認、ドラフト映像の修正承認等々、御社内で複数決裁者からの承認を得る必要がある場合、当初予定から制作期間が長引いてしまうことがあります。
VIDWEB 動画でコミュニケーションをデザインする

動画制作に関するどのような内容でもお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

PAGE TOP