動画制作・映像制作会社なら株式会社VIDWEB(ビッドウェブ)
動画マーケティング

タクシー動画広告を配信する効果とは?事例やコンテンツ制作のポイントを解説

VIDWEBコラム編集部 VIDWEBコラム編集部
公開日:2022年4月22日 / 最終更新日:2022年4月21日
タクシー動画広告を配信する効果とは?事例やコンテンツ制作のポイントを解説
Pocket

近年、著しく市場が拡大しているデジタルサイネージ広告。ディスプレイを活用することで、あらゆる場所における広告配信を可能にします。

デジタルサイネージ広告の中でも、タクシー動画広告に注目する企業が増えています。それでは、タクシー動画広告を実施することで、どのようなメリットを得られるのでしょうか?

今回の記事では、タクシー動画広告の基本概要やメリット、費用目安を解説します。この記事を読むことで、タクシー動画広告を利用する際のポイントを押さえられるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

タクシー動画広告とは

タクシー動画広告とは、タクシーの車内に設置する動画広告のことです。ディスプレイを使用する広告であり、デジタルサイネージ広告に含まれます。

タクシー車内はノイズが少ないため、電車動画広告と比較すると乗客に見てもらいやすいですし、モニターとの距離も近いため、動画に集中してもらいやすくなります。

加えて、顔認証機能やタブレット端末の操作など、デジタルサイネージ広告ならではの機能を活用することが可能です。

このようにタクシー動画広告には数多くのメリットがあり、近年は企業の中でもタクシー動画広告を活用しようとする動きが広まっています。

タクシー動画広告の配信方法とデジタルサイネージ広告市場

タクシー広告には、ドアステッカー、アドケース、リーフレット、サンプリング、レシートなど、さまざまな種類がありますが、動画広告を配信する場合はデジタルサイネージが用いられることがほとんどです。

株式会社サイバー・コミュニケーションズが2019年に実施した調査によると、デジタルサイネージ広告市場は年々拡大しており、2023年には1,248億円になると予測されています。

スマートフォンの普及やデジタルトランスフォーメーションの加速などによって、テクノロジーが活用されるシーンが増えており、広告の形態もデジタルにシフトしています。

参考:https://www.cci.co.jp/news/2019_11_25/01-11/

タクシー動画広告の費用

タクシー動画広告の費用は、広告を配信するエリアや台数、掲載期間などによって大きく異なります。ここでは日本最大のタクシー・サイネージメディアであるTokyo Primeの費用感を目安に確認しましょう。

動画の種類掲載期間想定表示回数枠数台数広告料金
(税抜)
動画音声あり(最大60秒)1週間
(月曜日午前0時掲載開始)
4,200,0001枠60,000台1,500万円
Tie-up Contents(最大30秒)
+動画音声あり(最大30秒)
1週間
(月曜日午前0時掲載開始)
3,000,0006枠60,000台1,000万円
動画音声あり(最大30秒)、
もしくは静止画音声なし最大15秒
1週間
(月曜日午前0時掲載開始)
1,600,0005枠60,000台180万円

公式ページから資料(2022年4月〜9月版)をダウンロードできます。費用についても詳しく紹介されているのでご参照ください。

Tokyo Prime公式ページ

タクシー動画広告のメリット・効果

タクシー動画広告を導入することでどのようなメリットを得られるのでしょうか?ここでは、タクシー動画広告のメリット・効果を紹介します。

動画をしっかりと見てもらえる

日本交通の調べではタクシーの平均乗車時間は約18分とされており、乗客にしっかりと動画を見てもらえる可能性が高いです。

駅や店頭などで配信する動画広告は、ユーザーに立ち止まって見てもらえる可能性が低く、広告効果を実感できないことも少なくありません。

タクシー動画広告は眼前60センチという距離感でメッセージを伝えられるため、乗客の興味・関心を高めやすいのです。

ターゲットに合わせた配信ができる

タクシー動画広告は、タクシーに設置されているタブレットを活用するため、顔認証機能を利用できます。顔認証機能で乗客の年齢や性別などを読み取り、ターゲットに合わせた動画を配信することが可能です。

また、時間帯やエリアでタクシーを利用する乗客の傾向を絞ることができます。例えば、ビジネスエリアの通勤・退勤時間であれば、ビジネスマンに向けた動画広告を配信できるということです。

このようにターゲットを絞って動画を配信することで、効果の高い広告を目指せます。

興味・関心のあるユーザーにアプローチできる

タクシー動画広告はタブレット端末であることを活かして、興味・関心のあるユーザーに対してアプローチできます。

例えば、動画広告配信後に商品・サービスの詳細ページのリンクを設置すれば、興味・関心の高い乗客は詳細を確認することが可能です。ユーザーの理解度が深まれば、売上拡大や問い合わせにつなげることができます。

タクシー動画広告の特性を活かすことで、ユーザーにアクションを起こしてもらえるのです。

タクシー動画広告を利用する際のポイント

ここでは、タクシー動画広告を利用する際のポイントを紹介します。

ターゲットを決める

タクシー動画広告は乗客の属性を絞りやすい広告であるため、ターゲットを具体的に設定することが大切です。ターゲットが定まれば、配信エリアや配信台数、時間帯などの詳細をスムーズに決めることができます。

例えば、経済的に余裕のある会社経営者をターゲットに設定した場合、ビジネスエリアなどを狙って広告動画を配信することが可能です。

また、ターゲットが定まっていれば、アプローチしたい相手に向けたコンテンツ制作ができるため、効果の高い広告を実現できます。

見応えのあるコンテンツを制作する

タクシー動画広告を配信する場合、見応えのあるコンテンツを意識することが重要です。YouTubeなどで配信される広告とは異なり、タクシー動画広告は途中でスキップできないため、飽きさせないように工夫する必要があります。

乗客に飽きられてしまうと、スマートフォンや他の作業に意識が移り、動画広告を最後まで見てもらえなくなるので注意が必要です。

クオリティの高い動画を配信したい方は、動画制作会社などを利用するとよいでしょう。

タクシー動画広告の活用事例

ここでは、タクシー動画広告の活用事例を紹介します。

株式会社スマートメディア

株式会社スマートメディアは700サイト以上のオウンドメディア運営やコンテンツ制作を支援を展開する企業です。SNSアカウント運営や動画制作など、オンラインマーケティングに幅広く対応しています。

同社はオウンドメディア支援サービスの認知獲得のために、タクシー動画広告を導入しました。結果的にリスティング広告へのアクセスが伸びたと実感しています。

また、知人や取引先企業などの身近なところでも、タクシー動画広告への反響があったそうです。

株式会社日本経済新聞社

株式会社日本経済新聞社は、新聞発行やデジタル媒体の運営、出版などを手掛ける企業です。文化事業や賞の主催なども行っています。

近年はデジタルサイネージ事業にも力を入れており、オリジナル動画「Ride on NIKKEI 」を配信するためにタクシー動画広告を利用しています。「Ride on NIKKEI 」はビジネスパーソンや経済的に余裕のある層をターゲットにしており、タクシー利用者との親和性が高いことも導入した理由の一つです。

短い時間の中でどれだけ満足度の高いコンテンツを提供できるかを考えながら、コンテンツ制作に取り組んでいます。

タクシー動画広告を活用しよう

今回の記事では、デジタルサイネージ広告に興味がある方に向けて、タクシー動画広告の基本概要について解説しました。タクシー動画広告は、乗客の属性からターゲットを絞りやすいですし、タブレットを活用して乗客のアクションを促進することができます。特に、ビジネスパーソンや経済的に余裕のある層をターゲットにした商品・サービスを展開している企業におすすめの広告媒体です。エリアや配信台数などの条件によって料金が変わってくるので、予算と照らし合わせながら施策を実行しましょう。

当サイトを運営しているVIDWEBは動画制作を得意としています。クオリティの高いコンテンツを目指している企業は、以下のページを確認してみてください。

Pocket

動画制作のサービス資料をダウンロードする

VIDWEB(ビッドウェブ)では映像クリエイターと連携してリーズナブルで高品質な動画制作を提供しています。

サービス資料

株式会社VIDWEBの動画制作、動画マーケティングに関して分かりやすく説明した資料になります

動画・映像クリエイター募集!
登録フォームはこちら
関連記事

PAGE TOP