動画制作・映像制作会社なら株式会社VIDWEB(ビッドウェブ)
動画マーケティング

VSEOとは?動画マーケティングに必要な知識を解説

VIDWEBコラム編集部 VIDWEBコラム編集部
公開日:2022年4月8日 / 最終更新日:2022年4月1日
VSEOとは?動画マーケティングに必要な知識を解説
Pocket

SNSやインターネットの利用者が増加していることに伴い、動画コンテンツをマーケティングの施策として活用する企業が増加しています。しかし、ただ動画コンテンツを発信しているだけでは、マーケティングの効果を高めることができません。

動画コンテンツを活用する場合は、VSEOを意識して、動画の上位表示を狙うことが大切です。VSEOの対策ができている動画コンテンツであれば、多くの人にリーチできる可能性があります。

今回の記事では、動画マーケティングに重要なVSEOの基本的な知識について解説します。この記事を読むことで、VSEOを実施するメリットや具体的な対策方法を理解できるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

VSEO(Video Search Engine Optimization)とは?

VSEO(Video Search Engine Optimization)とは、GoogleやYouTubeなどをはじめとした検索エンジンにおいて、検索キーワードと関連する動画コンテンツが上位表示されるように最適化をすることです。

検索結果でWebページを上位表示させる概念のSEOに対して、VSEOは動画コンテンツに焦点を当てた概念になります。

VSEO対策に取り組むことで、検索者がGoogleやYouTubeで検索したキーワードに関連した動画コンテンツを上位に表示させることができます。上位表示させることで、より多くの視聴者にリーチできるため、VSEOへ注目する企業が増加しています。

VSEOは大きくわけて2種類

VSEOは大きくわけて、以下の2種類にわけられます。

  • YouTubeなど動画サイト内の自然検索結果で上位表示を狙うこと。
  • Googleのユニバーサル検索枠(Webページ以外の検索結果)に上位表示させること。

VSEO対策を実施することで効果が表れるのは、YouTubeなどの動画プラットフォーム内です。YouTubeユーザーがプラットフォームの検索窓でキーワードを打ち込んだときに、上位表示させることができます。

さらに、Googleのユニバーサル検索枠でもVSEOの効果を出すことが可能です。Googleのユニバーサル検索枠とは、Webページ以外のメニューに表示されるコンテンツのことを意味します(地図や画像、動画、ニュースなど)。

YouTubeにおけるSEOについて、以下の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

VSEOと動画広告の違い

VSEOと動画広告の違いは何でしょうか?結論から述べると、VSEOと動画広告の違いは、マーケティング戦略の考え方といえるでしょう。

VSEOは悩みを抱えるユーザーに対して有益な情報を提供していくコンテンツマーケティングであるのに対して、動画広告は幅広いユーザーに対して自社商品・サービスの認知拡大を目指すプロモーションです。

効果が見られるまでの期間やコストなども異なるので、マーケティングの目的によって最適なアプローチ方法を選択しましょう。

動画広告VSEO
広告費1か月あたり数万円~数百万円 など広告費はかからない
効果が出るまでの時間短い(即日)長い(目安:半年から2年程度)
コンテンツの方向性宣伝・PR・プロモーションお役立ち情報・ハウツー

VSEOの重要性が高まっている理由

VSEOが注目を集めているのはどうしてでしょうか?ここでは、VSEOの重要性が高まっている理由を紹介します。

VSEOに取り組む企業が少ない

マーケティングの重要な概念としてSEOは普及したものの、VSEOに取り組んでいる企業はまだ多くはありません。近年、動画コンテンツへのニーズが急激に高まっていますが、動画マーケティングに対応できている企業が少ないのが現状です。

このような状況を踏まえると、早い段階でVSEOの取り組みをスタートすることで、他の企業と差異化を図ることができます。特に、VSEOは効果が出るまでに時間がかかる施策であるため、早い段階で取り組みをスタートさせることが重要です。

動画コンテンツへのニーズが高まっている

VSEOが注目されている背景として、動画コンテンツへのニーズが高まっていることが考えられるでしょう。

株式会社サイバーエージェントが実施した市場動向調査※1によると、2021年の動画広告市場規模は昨年対比142.3%を記録しています。また、2020年の2,954億円と比較すると、2021年は4,205億円となっており、市場規模が急激に拡大していることがうかがえます。

動画広告市場規模推計
出典元参照※1:サイバーエージェント、2021年国内動画広告の市場調査を発表

同調査の予測によると、動画コンテンツへのニーズは将来的にも高まっていくとされており、VSEOの重要性も上がっているのです。

VSEOを実施するメリット

VSEOを実施することで、どのようなメリットを得られるのでしょうか?ここでは、VSEOを実施するメリットを紹介します。

タッチポイントの創出

VSEOを実施することで、動画コンテンツとのタッチポイントを創出できます。YouTubeなどのプラットフォームで動画が上位表示されるようになれば、より幅広い人に動画を見てもらえるということです。

Googleの検索エンジンにおいても、多くのユーザーが検索結果で上位表示されているサイトにしかアクセスしません。表示順位が下がるとクリック率が顕著に低下していきます。

YouTubeなどでも同じように、上位表示されている動画がクリックされやすい傾向にあるため、VSEOを実施し検索上位での露出を高めて、より多くのユーザーに視聴してもらうことが大切です。

効果の継続性

動画マーケティングにおいて、VSEOは長期的な効果を見込める点がメリットといえるでしょう。動画コンテンツは資産としてストックできるので、広告費を追加しなくても継続的、かつ効率的な集客が可能です。

また、掲載期間が定まっていることが多い動画広告に対して、SEO向けの動画コンテンツは一度アップロードしてしまえば、24時間いつでもユーザーに視聴してもらえる可能性があります。

VSEOの効果には即効性はありませんが、長期的な視点で考えると高い効果を期待できるのです。

高い集客力

動画コンテンツによって、自社の展開する商品・サービスに対する認知度を高められます。また、動画内にユーザーのアクションを促すCTAを設置すれば、売上を拡大することが可能です。

例えば、YouTube動画には概要欄に外部サイトのリンクを設置することができます。商品・サービスページにユーザーを誘導することで売上アップを目指せるのです。

このように、VSEOによって多くのユーザーに動画を視聴してもらえるようになれば、認知度向上や売上拡大にもつながります。

VSEOの具体的な対策方法

それでは、VSEO対策には具体的にどのような方法があるのでしょうか?ここでは、VSEOの具体的な対策方法を紹介します。

キーワードを選定する

SEO集客を前提とした動画コンテンツを発信する際は、キーワード選定が最重要です。動画以外に、記事などのコンテンツ制作においてSEO対策を実施する際にも、キーワード選定は重要な役割を担います。

選定したキーワードを活用できるポイントは以下の通りです。

  • 動画のタイトル
  • 説明文
  • 関連タグ
  • サムネイル
  • 字幕
  • ハッシュタグ

ただし、キーワードを使用すればVSEOの効果を必ず得られるという訳ではありません。以下の注意点を理解しておくことが大切です。

  • タイトルは左側にキーワードを入れてユーザーの目につきやすくする
  • タイトルの文字数が長くなりすぎないようにする
  • 説明文でキーワードを使いすぎて文章が不自然にならないようにする
  • 動画と関係のないキーワードを使用しない
  • タグを必要以上につけすぎない
  • サムネイルのキーワードはカラーなどを調整してユーザーに見てもらいやすくする

動画の種類や競合性などによっても、最適なキーワードの活用方法は変わりますので、まずは狙いたいキーワードで上位を獲得している動画を分析してみましょう。

行動を促すための導線を設置する

行動を促すため、動画に導線を設置するとよいでしょう。CV(コンバージョン)とは、オンラインマーケティングにおける最終的な成果のことです。

例えば、問い合わせや商品・サービス購入、体験申し込み、メルマガ登録などが、「行動」の代表的な例として挙げられます。

VSEOの効果を高めるためにも、動画内にCTAを設置したり、次の動画への視聴を促進したりして、ユーザーの次のアクションにつなげるように工夫することが大切です。

動画チャプターを入れる

説明欄に動画チャプターを入れることで、視聴者に動画コンテンツを見てもらいやすくできます。動画チャプターとは、視聴者が視聴したい部分までスキップできる機能です。

動画チャプターの設定方法は簡単で、半角数字を入力するだけでリンクとして機能するようになります。例えば、動画開始から1分半で区切る場合「1:30」と入力するだけです。

動画チャプターを設定することで、視聴者は自分の好きなタイミングから動画を視聴することができます。視聴者は見たい部分がわかりづらいと離脱しやすくなるので、コンテンツとしての評価が低下したり、再生回数に影響が及んだりします。視聴者が離脱しないためにも、動画チャプターを設定するようにしましょう。

VSEOを実施する際に注意したいポイント

VSEOを実施する際には気をつけるべきポイントがいくつか存在します。ここでは、VSEOを実施する際の注意点を確認しましょう。

すぐに効果は出ない

VSEOの取り組みをスタートした直後に効果がでないことを留意しておきましょう。基本的にVSEOの効果を実感するには、ある程度の期間を要します。

なお、効果が出るスピードは競合の多さによって変わってくるので注意が必要です。競合性が高いキーワードであると、VSEOの効果が出るまでに時間がかかる傾向にあります。一方、競合性の高くないキーワードであれば、早い段階で検索結果に反映されることがあります。

すぐに効果がでないからといって、取り組みをストップしてしまうと、動画コンテンツによる成果を高められないため、長期的な姿勢で取り組むことが大切です。

専門知識が必要

効率的にVSEOによって成果を上げるためには、VSEOに関する専門知識やノウハウが必要です。専門知識やノウハウがない状態でやみくもに動画コンテンツをアップしてしまうと、思うような結果を得られません。

VSEOに関する専門知識やノウハウが不足している企業の中には、業者に依頼したり、研修を受けたりする企業も見受けられます。VSEOの施策は早く取り組むことで効果を期待できるため、このように工夫することが重要です。

私たちVIDWEB(ビッドウェブ)は、動画制作からライブ配信、YouTubeチャンネル運用代行まで、さまざまなサービスを展開しています。質の高い動画を制作し、動画の効果をYouTubeで最大限に活かしたいという方は、以下のページをご確認ください。

VSEOを実践してみよう

今回の記事では、動画マーケティングを実施している企業の担当者に向けて、VSEOの基本的な知識について解説しました。VSEOとは、動画コンテンツをGoogleやYouTubeなどで上位に表示させる施策のことです。

VSEOを実施することで競合企業との差異化を目指せますし、コンテンツマーケティングの効果を高めることができます。VSEOはすぐに効果が見えにくい施策だからこそ、早い段階で取り組みをスタートすることが大切です。

ただし、VSEOを実施する体制が整えられていない、社内に専門的な知識を持っている人材がいないなどの理由でVSEOの取り組みを開始できていない企業も多く存在します。

VSEOに関する知識やノウハウが不足している企業は、動画マーケティングを実施している業者を利用するなどして工夫しましょう。実績や経験のあるプロに依頼することで、スピーディ、かつ効率的な成果アップを目指しましょう。

Pocket

動画制作のサービス資料をダウンロードする

VIDWEB(ビッドウェブ)では映像クリエイターと連携してリーズナブルで高品質な動画制作を提供しています。

サービス資料

株式会社VIDWEBの動画制作、動画マーケティングに関して分かりやすく説明した資料になります

動画・映像クリエイター募集!
登録フォームはこちら
関連記事

PAGE TOP