動画制作・映像制作会社なら株式会社VIDWEB(ビッドウェブ)
動画マーケティング

YouTube動画に広告が勝手につくのはなぜ?収益化していなくても自分のチャンネルにお金は入るのか

VIDWEBコラム編集部 VIDWEBコラム編集部
公開日:2022年4月15日 / 最終更新日:2022年4月13日
YouTube動画に広告が勝手につくのはなぜ?収益化していなくても自分のチャンネルにお金は入るのか
Pocket

収益化されていないYouTube動画に、広告が勝手につくのはなぜでしょうか?

自分のアップロードした動画に広告が表示されたら「広告から収益の分配はあるのか?」「広告を非表示にできるのか」「表示される広告はどうやって決まるのか」など気になる方は多いと思います。

この記事では、収益化の対象ではないYouTube動画に広告が勝手につく理由と、その対処法について詳しく解説します。

YouTube動画に広告が勝手につくのは利用規約が変わったから

結論から言うと、YouTubeの利用規約が2021年6月に変更され、収益化していない動画にも広告が勝手につくようになりました。そして、収益化していないYouTube動画に広告が表示されても、広告収入はクリエイター(動画の制作者)に還元されることはありません

広告から収益の分配を得たり、広告の表示・非表示を選択したりできるのはYouTubeパートナープログラムに参加しているクリエイターだけです。また、視聴者が広告を非表示にするには、有料プラン「YouTube Premium(月額1,180円)」への登録が必要です。

アメリカでは日本よりも前の2020年11月に規約が変更されており、YouTubeパートナープログラムの収益化や、プライバシーやデータへの影響はなかったと発表しています。

参考URL:YouTubeヘルプ「更新された利用規約に関するよくある質問」

広告表示など収益化の権利はすべてYouTubeにある

告表示など収益化の権利はすべてYouTubeにある
画像引用元:利用規約

運営元のYouTubeは、YouTubeにアップロードされている映像や音声など、すべてのコンテンツを収益化する権利を持っています。

以下は、YouTubeより送られてきた利用規約変更のメールを一部抜粋したものです。

収益化に関する YouTube の権利: YouTube は、プラットフォーム上のすべてのコンテンツを収益化する権利を有しており、YouTube パートナー プログラムに参加していないチャンネルの動画にも広告が表示される場合があります。

メール「YouTubeの利用規約の変更について」

メールには「広告が表示される場合がある」と記載されているため、収益化していないすべての動画に広告が表示されるわけではないようです。

しかし、クリエイター側に広告の表示・非表示をコントロールできる権限はないため「収益化しないことで確実に広告を非表示にできる」といったメリットは失われたことになります。

収益化していないYouTube動画に広告が勝手につく理由とは?

YouTube動画に広告が勝手につく理由として考えられるのは以下の2つです。

  • 自分で所有していないコンテンツが動画に含まれている
  • YouTubeに広告イメージを損なわない動画であると評価された

それぞれについて詳しく解説します。

自分で所有していないコンテンツが動画に含まれている

自分のアップロードした動画に、自分が所有していないコンテンツが含まれていると広告が勝手につくことがあります

必要なすべての権利をご自分で所有していないコンテンツが動画に含まれている場合、権利の所有者が動画に広告を表示することを選択する場合があります。また、YouTube パートナー プログラムに参加していないチャンネルの動画に YouTube が広告を掲載することもあります。

出典:YouTubeヘルプ「YouTube パートナーではないのに動画に広告が表示される」

自分が所有していないコンテンツの著作権は著作権者にあります。YouTubeはコンテンツの著作権者に3つの権限を与えています。

  1. 動画をブロックして視聴できなくする
  2. コンテンツが表示されるYouTube以外のアプリやWebサイトを制限する
  3. 動画をYouTube上に維持して広告収益を得る

参考URL:YouTubeヘルプ「Content ID の申し立てとは」

コンテンツの著作権者が「3.動画をYouTube上に維持して広告の収益を得る」を選択すると、動画はそのまま公開され、広告が表示されるようになります。

クリエイターが知っておくべき著作権の基本については、以下のページで詳しく解説しています。

YouTubeに広告イメージを損なわない動画であると評価された

自分のアップロードしたYouTube動画が広告掲載に適したコンテンツのガイドラインを満たし、広告のブランドイメージを損なわないと判断されると、広告が勝手につくことがあります

YouTube の収益化に関する権利。YouTube パートナー プログラムに参加していないチャンネルまたは収益化に関する契約を締結していないチャンネルを対象として、ブランド イメージを損なわない一部の動画への広告の掲載を徐々に開始します

出典:YouTubeヘルプ「更新された利用規約に関するよくある質問」

YouTubeは広告主のブランドイメージを損なわない一部の動画に対し、広告の掲載を徐々に開始していると発表しています。しかし、YouTubeと広告主にブランドイメージを損なわないと評価されても、広告が勝手につくなら、その収益を自分に還元したいと思う方は多いでしょう。

広告収入を得るにはYouTubeパートナープログラムに参加が必要

YouTubeパートナープログラム(YPP)に参加すれば、広告から収益の分配を受けられます。

YouTubeパートナープログラムとは、YouTubeにアップロードした動画を収益化できるプログラムのことです。誰でも参加できるわけではなく、以下の条件を満たす必要があります。

  • 18歳以上
  • 直近12カ月の総再生時間が4,000時間以上
  • チャンネル登録者数が1,000人以上
  • コミュニティガイドラインの遵守

条件を満たして審査を通過すれば、動画を収益化させるのに必要な機能が使えるようになります。

YouTubeの収益化に必要な条件については、以下のページで詳しく説明しています。

選択した動画の広告表示をコントロールできる

YouTubeパートナープログラムに参加すると、動画ごとに広告の表示・非表示を選択できるようになります。広告を非表示にした動画に対して広告が勝手につくことはありません。

広告を非表示にすると収益の分配は受けられませんが、視聴者側のユーザー体験を損なわない動画配信を実現できます。

参考URL:YouTubeヘルプ「個々の動画で広告表示を無効にする」

YouTube動画に勝手につく広告はどうやって決まる?

YouTube動画に表示される広告が、どのように決まるのかを解説します。

視聴者の興味や関心に合わせてカスタマイズされる

YouTube動画に表示される広告は、視聴者の興味や関心、広告の設定、視聴した動画、ログイン状況などによって判断されます

たとえば、視聴者がYouTubeにログインしているとき、次のような匿名化された情報によって広告が決まります。

  • 視聴した動画のタイプ
  • YouTube上での動画操作
  • デバイス上のアプリと、アプリの使用状況
  • アクセスしたウェブサイト
  • Google広告や広告関連のサービスに対して行った操作の履歴
  • 視聴者の特性(位置情報、年齢層、性別)

参考URL:YouTubeヘルプ「視聴している動画に表示される広告」

あくまで視聴者の興味関心に関連性の高い広告が勝手につくケースが多くなっており、必ずしも自分のYouTube動画に関連性のある広告がつくとは限りません

広告が自分の動画に適さないときはYouTubeに報告

自分の動画に適さない広告を見つけたとき、クリエイターはYouTubeにその広告を報告できます。

広告が自分の動画に適さないときはYouTubeに報告

広告再生中の画面左下にある「情報ボタン(iマーク)」をタップして、ポップアップ画面の中央にある「この広告を報告」をクリックします。または、こちらのフォームから必要事項を入力して「送信」をクリックします。

まとめ:YouTubeチャンネルを長期的に運用していくなら収益化の選択肢も

YouTubeの利用規約変更によって、収益化していない動画にも広告が勝手につくようになりました。

運営元のYouTubeや広告主の利益に偏った内容にも思えますが、YouTubeがクリエイターに提供しているのは収益化によるものだけではありません。収益化していなくても、個人や企業がYouTubeを利用する価値は十分にあります。

しかし、長期的にYouTubeチャンネルを運用するなら、なるべく早くYouTubeパートナープログラムに参加した方が良いでしょう。

株式会社VIDWEBは、YouTubeを含む幅広いジャンルの動画活用を支援する会社です。YouTubeチャンネルの収益化や動画改善、コンテンツマーケティングなどのノウハウを持っています。YouTubeチャンネルの無料診断もありますので、ぜひ一度ご相談ください。

Pocket

動画制作のサービス資料をダウンロードする

VIDWEB(ビッドウェブ)では映像クリエイターと連携してリーズナブルで高品質な動画制作を提供しています。

サービス資料

株式会社VIDWEBの動画制作、動画マーケティングに関して分かりやすく説明した資料になります

動画・映像クリエイター募集!
登録フォームはこちら
関連記事

PAGE TOP