動画制作・映像制作会社なら株式会社VIDWEB(ビッドウェブ)
動画制作

実力のある動画制作会社7社比較!主要制作会社からクラウドソーシング型の格安制作会社まで

水町直人 水町直人
2020年4月13日
実力のある動画制作会社7社比較!主要制作会社からクラウドソーシング型の格安制作会社まで
Pocket

経済活動において、動画活用の有効性が理解されてきた現在、さまざまな企業が動画事業に参入したり動画を活用したプロモーションを行っています。

動画に力を入れる企業が増えたことで動画制作会社もどんどん増えつつありますが、初めて動画制作を発注するという方から多く寄せられるのが「どこに依頼すればいいのか」という質問です。

動画制作会社は千差万別。料金だけで選んだり知り合いからおすすめされたからという理由で選んでしまっては、納得のいく動画に仕上がらない可能性が高いのです。
今回は、動画制作会社を選ぶ基準と実力のある動画制作会社をいくつかピックアップして紹介していきます。

動画制作会社を選ぶ時のポイント

動画制作会社はたくさんありますが、実際に制作を依頼するのはたった1社です。気になった動画制作会社に片っ端から見積もりを依頼するという方法もありますが、それでは非効率的です。

動画制作会社を選ぶ際は、下記の3つのポイントを押さえておきましょう。

実績・見積もり・サポート

過去の動画制作実績

動画制作会社を見極める際に一番参考になるのが、過去に制作した動画を見るということです。

動画制作会社のHPには、実績として過去に制作した動画や事例を公開していることがほとんど。実績動画数は多ければ多いほど色々な系統の動画を制作していることが分かり参考にしやすいです。
また、実績が多いということはそれだけ動画制作のノウハウも培われていると考えていただいていいでしょう。

数ある実績の中から自分が作りたい動画のテイストと似たような作品があれば、依頼する際にイメージを伝えやすい上、制作側からしても過去動画のデータを元に、より完成度の高い動画に仕上げられる確率が上がります。

ここで注意したいのは、大手企業の動画制作実績があるからといっていい動画制作会社だとは限らないという点です。

動画制作会社の中には、大手企業の動画制作をしているということをアピールしているところもあります。
しかし、その大手企業の動画のテイストやジャンルが自分の作りたい動画とマッチしていなければあまり参考にはなりません 。

大事なのはどこの会社の動画を作ったかではなく、自分の作りたい動画と似たテイストのものがあるかどうかです。

見積料金と内訳

次に重要なのが、見積料金と内訳です。動画制作会社を比較する上でとても参考になるのが見積ですが、料金は予算内で収まっているかどうか、そして内訳は全て含まれている内容になっているかを明確にしておく必要があります。
下記に動画制作にかかる主な費用をリストアップしてみました。

  • 企画・構成費
  • ディレクション費
  • カメラマンなど技術スタッフ費
  • 機材費
  • キャスト費
  • ヘアメイク・スタイリスト費
  • 収録スタジオ費
  • 動画編集費
  • ナレーター費
  • 進行管理費

動画制作業界では、いくつかの動画制作会社に見積を依頼したらA社、B社、C社で全く違った料金が上がってきた…というのはよくあることです。

動画制作費用が大きく変わってくる要因としては例えば、「カメラマンAさんは3万円」「カメラマンBさんは5万円」のようにスタッフごとに変動することに加え、カメラを何台手配するかなどによって機材費が変動することが大きな理由となっています。

また、出来上がった動画に修正を加える場合、追加として修正費を後から加算される場合もあります。
これらは動画制作会社によって違うため、見積の段階であらかじめしっかりと確認しておく必要があるでしょう。

サポート体制・ヒアリング能力

依頼側と制作側を結ぶ担当窓口のサポートがしっかりしているかどうかもポイントとなります。
動画制作は工程が多いため、どうしても予期せぬトラブルが起こりやすいものですが、そんな時に顧客目線に立ってスムーズに対応してくれる会社の方が、安心して仕事を任せられるでしょう。

また、制作する動画を完成イメージに限りなく近づけるためには依頼者と制作側の話し合いがとても重要です。そのため、こちら側の意図を汲んで動画のイメージをすり合わせてくれるヒアリング能力の高い会社を選ぶことで、ストレスなくプロジェクトを進められるでしょう。

実力がある動画制作会社7選

上記では動画制作会社を選ぶポイントを紹介しましたが、とはいえ会社がたくさんありすぎて選べないという方も多いかもしれません。
ここでは実績豊富、明朗内訳、サポート体制を考慮した上で実力のある動画制作会社を私の判断で7社を厳選しました。

会社名所在地概要
株式会社ナインフィールド東京都港区Panasonicや東京メトロなど各業界の大手企業の制作実績が豊富。
モバーシャル株式会社東京都渋谷区動画制作からマーケティングまでを一貫してフォロー。
株式会社LOCUS東京都渋谷区年間1,000本以上の動画制作実績があり実績・ノウハウ共に豊富。
株式会社VIDWEB東京都港区圧倒的低コスト・高品質で海外撮影が可能な動画制作会社。
株式会社Viibar東京都品川区動画広告で培ったニーズ分析能力を活かし視聴者に刺さる動画制作を実現。
株式会社シネマドライブ大阪府大阪市西区面白い・ストーリー性・話題性のある動画作りに強い。
株式会社TAO愛知県名古屋市中区多言語の動画制作に定評あり。

株式会社ナインフィールド

株式会社ナインフィールド(東京都港区)

会社名株式会社ナインフィールド
所在地東京都港区
公開実績数3,000本以上(2020年記事執筆時)
公式HPhttps://www.ninefield.co.jp/

大手企業の動画制作実績が多く、長年の動画制作で培ったノウハウを低価格で提供している動画制作会社です。
ナインフィールドの特徴としては、企画から動画制作、完成までを自社で一貫して行っているため、比較的短い期間で高品質な動画制作が可能な点が挙げられます。
料金形態は3つのプランが用意されており、一番安いライトプランでは30秒の動画が49,800円で制作可能です。
こんな人におすすめ

  • 安い料金で動画を作りたい
  • 料金形態がはっきりしているところを探している
  • 演出力の高いところに依頼したい

モバーシャル株式会社

株式会社モバーシャル(東京都渋谷区)

会社名モバーシャル株式会社
所在地東京都渋谷区
公開実績数18,000本以上(2020年記事執筆時)
公式HPhttps://www.mobercial.com/

動画制作はもちろん、マーケティングまでをサポートしてくれるのが強みのモバーシャル。動画制作だけでなくYouTube運用やライブ配信まで幅広く対応しています。
また、制作フローをマニュアル化することで一定の品質の動画を量産できるプランと、話し合いを重ねて納得のいく1本を作るプランの2種類が用意されているのも特徴です。
社員の80%がクリエイティブスタッフのため、ハイクオリティな動画が期待できるでしょう。
こんな人におすすめ

  • マーケティングまで任せたい
  • YouTubeの動画投稿も考えている
  • たくさんの動画制作を依頼したい

株式会社LOCUS

株式会社LOCUS(東京都渋谷区)

会社名株式会社LOCUS
所在地東京都渋谷区
公開実績数年間1,000本以上(2020年記事執筆時)
公式HPhttps://www.locus-inc.co.jp/

企業様の課題解決のため、動画を軸に様々なサービスを提供しています。
動画を活用したコンサルティング、マーケティング支援を得意としているため、単に動画を制作するだけでなく、効果の出る動画・ビジネス課題の解決に向けた動画活用のご提案が可能です。
700人以上のフリーランスクリエイターと業務提携しており、実写からアニメーションまでどんなジャンルの動画でも対応可能なのが特徴です。
また、360度カメラやVR・ドローン、インタラクティブなど最新の動画手法にも対応しています。
こんな人におすすめ

  • ビジネス課題の解決のために動画を活用したい
  • 本当に効果の出る動画を作りたい
  • 大手動画制作会社に依頼したい
  • VRやドローンなどを使った動画を作りたい

株式会社VIDWEB(東京都港区)

株式会社VIDWEB

会社名株式会社VIDWEB
所在地東京都港区
公開実績数1,000本以上(2020年記事執筆時)
公式HPhttps://vidweb.co.jp/

VIDWEB(ビッドウェブ)は、世界中の一流クリエイター達と連携したクラウドソーシング型の制作会社です。厳しい基準をクリアしたクリエイターのみを採用しているため、どんなジャンルであってもクオリティの高い動画制作が期待できます。
さまざまな国の映像クリエイターが在籍しているため、海外での撮影に強く渡航費などが掛からないため費用もグッと押さえられるのが特徴です。
依頼者とクリエイターの間にVIDWEBが入って制作を進行していくので、 円滑な動画制作を実現することが可能となります。
こんな人におすすめ

  • 海外での撮影を考えている
  • 品質に妥協したくない
  • ヒアリングを重要視している

株式会社Viibar

株式会社viibar(東京都品川区)

会社名株式会社Viibar
所在地東京都品川区
公開実績数年間400本以上(2020年記事執筆時)
公式HPhttps://viibar.com/

約3,000以上のクリエイターとマッチングできるクラウドソーシング型動画制作会社のViibar。
独自のオンライン制作管理ツールを使い、クリエイターと直接話し合いながら動画を作り上げていくスタイルなので、連絡コストがかからないのが最大の魅力といえるでしょう。
動画広告分野で培った解析力を活かし、視聴者目線の最適な提案をしてくれるはずです。
こんな人におすすめ

  • コストをなるべく抑えたい
  • 直接クリエイターと話し合いたい
  • ソリューション提案力の高い制作会社を探している

株式会社シネマドライブ

株式会社シネマドライブ(大阪府大阪市西区)

会社名株式会社シネマドライブ
所在地大阪府大阪市西区
公開実績数不明・調査中(2020年記事執筆時)
公式HPhttps://cinemadrive.jp/douga-seisaku/

映画作りで培ってきたノウハウを元に、ストーリー性の強い動画を作れるのが強みのシネマドライブ。
業界によっては動画のテイストがどこも似たり寄ったりになりがちですが、ほかとは一線を画す面白い動画で競合他社と差をつけたいなら依頼して損はないかと思います。
企画から完成までを全て自社スタッフで行っているため、スケジュール管理がスムーズで納期が遅れる心配もありません。
こんな人におすすめ

  • 大阪で企画力の高い動画制作会社を探している
  • 平凡な動画ではなく面白い動画を作りたい
  • テンポ感のある動画を作りたい

株式会社TAO

株式会社TAO(名古屋市中区)

会社名株式会社TAO
所在地名古屋市中区
公開実績数3,000本以上(2020年記事執筆時)
公式HPhttps://tao-iw.com/

15年の動画制作で培われた独自のノウハウを駆使して、見た人の心に刺さる動画を制作しているTAO。徹底したターゲット選定が強みでマーケティング部分でも相談に乗ってくれるでしょう。
英語やそのほかの言語での制作に長けており、 海外向けにも動画を作りたいというニーズを満たしてくれます。
こんな人におすすめ

  • 名古屋で実績のある会社に依頼したい
  • 経験豊富なクリエイターにお願いしたい
  • 海外向けの動画を作りたい

動画は品質が重要!

動画制作会社を選ぶ時に一番重要なのは、 品質の高い動画を作れるかどうかです。

費用が安くても動画のクオリティが低ければ、見た人の心には残らず全く意味のないものとなってしまいます。

今回は、実力のある動画制作会社をまとめました。
どの会社も実績豊富な会社ばかりですが、中でもVIDWEBは低コストで高クオリティな動画を作れる数少ない動画制作会社だと自負しております。
お客さまのご要望を満たせる一流の映像クリエイターをアサインさせていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。

Pocket

動画制作のサービス資料をダウンロードする

VIDWEB(ビッドウェブ)では映像クリエイターと連携してリーズナブルで高品質な動画制作を提供しています。

サービス資料

株式会社VIDWEBの動画制作、動画マーケティングに関して分かりやすく説明した資料になります

動画・映像クリエイター募集!
登録フォームはこちら
関連記事

PAGE TOP